2018 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 08








Chalkys 

フリーマントルの ラウンドハウス の近くにあるカフェ

Chalkys に行って来ました。





写真は、ホームページからです。

中は、こんな感じ 小さな カフェです。





外にもテーブルがあるので、お天気の日には、お日様に当たりながらのお茶もいいですね

この日は、平日でしたが、結構混んでいました。

メインの通りから 随分離れているのに これだけのお客様が居るって事は

きっと 人気カフェ なのでしょうね(^-^)





私が注文した 一日中食べられる 朝食メニューから

Double smash  グリンピースとアボカドのペーストが乗ったトーストに

ポーチドエッグ 、トマト、 ゴートフェタチーズ 、ミントとバジルのソース、バルサミコ etc,,,

あとチャイラッテ







娘ちゃんがたのんだ、ポーク 何とか、、(*'▽'*)

玄米の上の キムチ サーモン 野菜、、、

洋食ビビンバ みたいです。

娘ちゃんが全部食べられないと言うので、食いしん坊の母が

残りを頂きました。

両方共 とても美味しかったです

最近流行りの健康志向で、色んな食材を使っていて

又行きたいな と思えるカフェでしたよ。
スポンサーサイト

振り出しに戻る ( ´Д`)


やっと 南アフリカを離れて 新しい目的地に向かって出発した、、、と思った主人ですが



出発して2日後にエンジントラブル



漂流している と連絡が〜 ⊂((・⊥・))⊃



自分では、直せない状況 の上 次の目的地は、遥か先


ちょっとパニクっている主人に 戻った方が良いよ! と連絡し

風と海流を利用して 少しずつ 戻り

出発地に近くなった所で レスキューボート出航

レスキューボートからロープを投げ込まれ 自分でヨットにくくり付け

引っ張ってもらい約5時間後に無事に ハーバーに停泊できたそうです。



これで、南アフリカでレスキューされるのは、 4回目!



さぞかし皆さん 呆れているのでは、、、と思ったら

とても暖かい歓迎をされたそうで、ヨットクラブでもみんなに声を掛けられて


「セレブリティ みたいだっだよー 」 だそうです。(о´∀`о)



Furidashi

小さなオレンジのボートがレスキューボートで、引っ張られてます。



一体いつになったら、南アフリカから出られるのでしょうか?

又書くと 戻って来そうなので、目的地に着いたら 書こうと思います。(๑>◡<๑)






[ 2018/05/24 ] セイリング旅行 | TB(0) | CM(0)

明日出発

201805121723124e5.jpeg


フランスから 南アフリカのRichards Bay までの 航路図。

あちこち 止まってるので、ここまで来るのに 何年か掛かっています。

Richards bay には、結局約2カ月くらい 停泊していました

その間 オーストラリアに戻って来て たりしていましたが

先日 戻り いよいよ 明日出発らしいです。

本当は、今日出発だったのに、飛行機に預けたスーツケースが 届かず ψ(`∇´)ψ

ボートのパーツやら、 全て必要な物が、入っていて、落ち込みようが凄かったので

「絶対 出てくるからー」 と励ましていたら、40時間後の今朝 受け取れたようです。



最終目的地は、 マレーシア


気をつけてね〜
[ 2018/05/12 ] セイリング旅行 | TB(0) | CM(0)

りんごの食感のぶどう

タイトルそのままです。 (๑>◡<๑)

今日買ったぶどう、種なしでまん丸

サクサクしていて、りんごを食べてるみたいなんです。





なんだか、私は、何を食べてるんだろう、、、

ぶどう ぶどう と言い聞かせて 食べてます。 (≧∀≦)

目をつぶって 食べたら 絶対 小さなりんご ! って言うと思う。







誰かと共感したくて、子供達にも食べさせたら

やっぱり りんごみたいー と言ってた。

あーーーもっと 誰かに食べさせたい。
[ 2018/03/26 ] 食生活 | TB(0) | CM(0)

又 レスキューされる⊂((・x・))⊃ in Richards Bay 南アフリカ

主人は現在Richards Bay に停泊しています。


20180317140646fc6.jpeg


Darbanを出て 風のみで順調に航海していたのに、いざRichards Bay のハーバーに入ろうと

エンジンを使ったところ、オーバーヒートの警告のサイレンが鳴り

エンジンが使えなくなった上 シャークネットに プロペラが 絡まり

身動きの取れない状態に、、、、ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3



20180317140647d80.jpeg


直ぐそこには、崖があり

レスキューをお願いしたそうです。

夜中だったので、状況が良く把握出来ないので、夜明けを待って 再度チャレンジ。


20180317140644976.jpeg


なんで こんな動きをしてるんだろう、、 なんで直ぐにハーバーに入らないんだろう、、

と、思っていたら 大変な事になっていたそうです。

かなり大ががりなレスキューで レスキューボートが3艘

ダイバーも来て 大荒れの波の中 引っ張って助けてもらったそうです。



20180317140648833.jpeg


南アフリカでレスキューされるのは、これで3回目 (>人<;)

黄色のレスキューボート

もういつも本当にありがとうです。
レスキューのみなさんは、全員ボランティアの方で、夜中に起こされ、主人を助けた後
自分たちのお仕事に向かわれたそうです。

シャークネットもメチャクチャ にしてしまい、張り直しだそうです。

南アフリカでは、無償で、レスキューしてくれますが、これがオーストラリアだと
人命は、助けるけど、ボートもレスキューして欲しければ、その分は負担してね、となるそうですよ。
[ 2018/03/17 ] セイリング旅行 | TB(0) | CM(0)