FC2ブログ

2018 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 11








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

振り出しに戻る ( ´Д`)


やっと 南アフリカを離れて 新しい目的地に向かって出発した、、、と思った主人ですが



出発して2日後にエンジントラブル



漂流している と連絡が〜 ⊂((・⊥・))⊃



自分では、直せない状況 の上 次の目的地は、遥か先


ちょっとパニクっている主人に 戻った方が良いよ! と連絡し

風と海流を利用して 少しずつ 戻り

出発地に近くなった所で レスキューボート出航

レスキューボートからロープを投げ込まれ 自分でヨットにくくり付け

引っ張ってもらい約5時間後に無事に ハーバーに停泊できたそうです。



これで、南アフリカでレスキューされるのは、 4回目!



さぞかし皆さん 呆れているのでは、、、と思ったら

とても暖かい歓迎をされたそうで、ヨットクラブでもみんなに声を掛けられて


「セレブリティ みたいだっだよー 」 だそうです。(о´∀`о)



Furidashi

小さなオレンジのボートがレスキューボートで、引っ張られてます。



一体いつになったら、南アフリカから出られるのでしょうか?

又書くと 戻って来そうなので、目的地に着いたら 書こうと思います。(๑>◡<๑)






スポンサーサイト
[ 2018/05/24 ] セイリング旅行 | TB(0) | CM(0)

明日出発

201805121723124e5.jpeg


フランスから 南アフリカのRichards Bay までの 航路図。

あちこち 止まってるので、ここまで来るのに 何年か掛かっています。

Richards bay には、結局約2カ月くらい 停泊していました

その間 オーストラリアに戻って来て たりしていましたが

先日 戻り いよいよ 明日出発らしいです。

本当は、今日出発だったのに、飛行機に預けたスーツケースが 届かず ψ(`∇´)ψ

ボートのパーツやら、 全て必要な物が、入っていて、落ち込みようが凄かったので

「絶対 出てくるからー」 と励ましていたら、40時間後の今朝 受け取れたようです。



最終目的地は、 マレーシア


気をつけてね〜
[ 2018/05/12 ] セイリング旅行 | TB(0) | CM(0)

又 レスキューされる⊂((・x・))⊃ in Richards Bay 南アフリカ

主人は現在Richards Bay に停泊しています。


20180317140646fc6.jpeg


Darbanを出て 風のみで順調に航海していたのに、いざRichards Bay のハーバーに入ろうと

エンジンを使ったところ、オーバーヒートの警告のサイレンが鳴り

エンジンが使えなくなった上 シャークネットに プロペラが 絡まり

身動きの取れない状態に、、、、ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3



20180317140647d80.jpeg


直ぐそこには、崖があり

レスキューをお願いしたそうです。

夜中だったので、状況が良く把握出来ないので、夜明けを待って 再度チャレンジ。


20180317140644976.jpeg


なんで こんな動きをしてるんだろう、、 なんで直ぐにハーバーに入らないんだろう、、

と、思っていたら 大変な事になっていたそうです。

かなり大ががりなレスキューで レスキューボートが3艘

ダイバーも来て 大荒れの波の中 引っ張って助けてもらったそうです。



20180317140648833.jpeg


南アフリカでレスキューされるのは、これで3回目 (>人<;)

黄色のレスキューボート

もういつも本当にありがとうです。
レスキューのみなさんは、全員ボランティアの方で、夜中に起こされ、主人を助けた後
自分たちのお仕事に向かわれたそうです。

シャークネットもメチャクチャ にしてしまい、張り直しだそうです。

南アフリカでは、無償で、レスキューしてくれますが、これがオーストラリアだと
人命は、助けるけど、ボートもレスキューして欲しければ、その分は負担してね、となるそうですよ。
[ 2018/03/17 ] セイリング旅行 | TB(0) | CM(0)

Darban 南アフリカ





East London を出て 55時間後 Darban に到着しました。

この付近は、強い海流があって 海岸ぎりぎりを通らないと 海流に流されて漂流してしまうそうです。

ソロセイラーなので、ほぼ寝ずに 航路を確認していたそうです。







セイリング中に送ってくれた写真。


小さいセールを2つ 蝶々の様にして 風を使うそうです。







こういう写真を見ると

ああ、本当にセイリングしてるのね~と思う ((o(^∇^)o))

この航路が、マダガスカルに行くまでの中で、1番難しいと言っていたので

無事に到着して 良かった。
[ 2018/03/06 ] セイリング旅行 | TB(0) | CM(0)

East London 南アフリカ

現在、マダガスカルを目指してセイリングヨットで航海中の主人ですが

Port Elizabeth を出てしばらくして エンジンが動かなくなったと連絡がありました。(´⊙ω⊙`)

ヨットなので、風があれば進んで行くんですけど、これから海流の強い地点を通過するので、

エンジン無しでは、漂流してしまうので 通過するはずだった easy London に停泊することに、、、







港のport authority の 電話番号をお伝えて主人が衛星電話で連絡しても、相手の声が聞こえても向こうに声が伝わらないと連絡があったので、

オーストラリアにいる私が、電話して 港にはいるのにアシスタントが必要な事と

ヨットの名前 到着予定時間を伝えました。( ̄^ ̄)ゞ







港に近ずいて、ラジオの電波が届き 交信が出来るようになると

すでに レスキューボートが待機していて、主人のヨットにロープをくくりつけて、引っ張って無事

港に停泊出来ました。








主人が頼んだ寿司の盛り合わせ レスキュー後の最初の外食((o(^∇^)o))


ちょうどビデオ電話していて、なんかすごく固そうな マグロだね〜 と言ったら















トマト だった (((o(*゚▽゚*)o))) って オイオイ、、、









巻き寿司は、オリーブとフェタチーズ って、、、、⊂((・⊥・))⊃


これは、寿司と呼んでは、いけないのでは、、、、

大笑いしたけど、ご飯は、ちゃんと酢飯で美味しかったそうです。




ちなみにレスキュー隊は全員ボランティアの人たちで お金は払う必要はないのです。


お世話になりました、 ありがとうです。
[ 2018/02/26 ] セイリング旅行 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。