2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フリーマントル線に乗ってパースへ

IMG_4941.gif

ゲストハウスオープンしました。


SANY0021-1.jpg


フリーマントル駅です。
ただいま修繕工事中で駅の外観の半分が隠れています
随分前からこの状態ですが 一体いつ終わるんでしょうか、、、


SANY0019.jpg


改札を抜けるともう電車が待っていました。
フリーマントル駅には、電車が一本しか入ってこないので
どの電車に乗るか 迷う必要はありません
来た電車に乗りましょう。


SANY0010-1.jpg


電車が走り出すとすぐにフリーマントル港にずらりと並んだ
日本からのピッカピカの輸入車が見えます。


fremantle line1



橋を渡ってフリーマントル港の全貌が見えます。
私は、この景色が大好き!


SANY0018-1.jpg


海洋博物館も見えます。


SANY0017-1.jpg


しばらく海岸線を走り

Fremantle (フリーマントル)

North Fremantle (ノースフリーマントル)

Victoria Street (ビクトリアストリート)

Mosman Park (モスマンパーク)

Cottesloe  (コテスロー コテスロービーチに行くには、この駅から)

Grant Street (グラントストリート)

Swanbourne  (スワンボーン)

Claremont (クレアモント お洒落な町です)

Loch Street (ロックストリート)

Karrakatta (カラカッタ 日本人墓地があります)

Shenton Park (シェントンパーク)

Daglish (ダグリッシュ)

Subiaco (スビアコ ここもお洒落なお店がいっぱい)

West Leedeville (ウエストリーダビル)

City West (シティーウエスト)

Perth (パース)

約電車に揺られること 30分
書くと沢山の駅ですが 駅の間隔は、短いです
そして 電車に乗っている お客さんの観察しているとあっという間パースに着きます。

飲食禁止なのに ケチャップをたっぷり付けて パイを食べる人

大きな声で携帯で大笑いしてる人

制服のまま出勤する人 (アーーこの人は、看護婦さんね、、このひとは、コールスの店員さん
などなどすごく分かりやすいです)

日本の電車の中とは、大違いで でもそれが面白かったり
30分の小さな旅ですね。


freo line 3



パースでは、行き先を電掲示板で確認して乗りましょう。


freo line4


パースの駅は、ちょっと大きくて 開放的な感じです。
今度は、途中駅で降りてみよう、、、

英語の時刻表は、こちらからどうぞ


人気ブログランキングへ

ポチッとしてくれるとうれしいです!
スポンサーサイト
[ 2010/11/10 ] フリーマントル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fremantle.blog109.fc2.com/tb.php/8-6348dd5b



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。